リナックス
CENTOS 分類

1⃣ CentOS/Storage【ストレージ】 - データストアの解説

投稿者情報

  • 運営局 投稿
  • 投稿日

コンテンツ情報

本文内容

Storage - データストアを理解する
 

CLQHhAh.png

 

 

今回はStorageについて調べてみます。

 

 

 データストアの限界と問題点

 

初期サーバーを構築すると、データのサイズがまだそれほど大きくないので1台のサーバで構築し、バックアップさえ問題なく管理すれば問題ありません。
しかし、ますますデータの量が増えて、サーバーのディスク容量が不足し、ディスクのデータが増える過程で1台のサーバーで管理するのに様々な限界が発生します。

 

1.データの保管

 

ts4lE68.png
 

3台で1TB容量のサーバーの運営している場合、3台のサーバーのデータを保管するにはそれぞれ保持する必要があるという欠点があります

 

 

2.データの管理

 

9bUqKAU.png
 

3台で1TBサーバーの運営状態で、2台のサーバーのディスクがいっぱいになると、ディスクのサイズを拡張して、
別のサーバーに移転しなければならない問題が発生します。

 

 

3.データの信頼性

 

XCV81B7.png

 

サーバーがトラブルが発生した場合、別のサーバーに移転すれば良いですが、2台のサーバーが障害が発生した場合、別のサーバーに移転する問題が発生します。

 

 

4.サーバーのディスク拡張コスト
 

 

3-1 HDD - PC用ディスク

 

323j9GP.png

 

HDDは、私たちが一般的に使用しているPCのディスクです

 

3-2 SAS - サーバー用のディスク

 

Dp1ofT3.png

 

サーバーやワークステーションで使用されるディスクです

 

3-3 HDD VS SAS比較

SASは、HDDに比べて安定性と書き込み速度が速いですが、価格が3〜4倍ほど高価になります。

 

 

5.サーバーのリソースの非効率

 

LLMuhU3.png

 

様々な意見の相違がありますが、一般的にWebサーバーは、多くのメモリを使用して、DBサーバは、
CPUを多く使用して用途に合わせてサーバーのリソースを計算して構築し、
データストアに合わせリソースを割り当てて構築するコスト的な削減を実現と共に、
安定性をさらに増やすことができます。

 

 

データストアの発展とStorage(ファイルサーバ)の登場

 

今はデータサイズが膨大になり、データの保存を効率的に管理するために最近登場したのが
Storage(ファイルサーバ)であり、Storage(ファイルサーバ)と呼ばれる領域にデータを保存し、管理します。

 

x2Yce1l.png

 

上の図は、Storageの構築する上で、一般的な構成図になります。

Storageを構築し、別々分離することでStorageに合ったサーバーのリソースサーバーを購入して構成することにななり、より簡単に管理することができ、拡張の部分も簡単に行うことができます。

 


 Storage(ファイルサーバ)とWebサーバの連動

 

 

CentOSのStorage(ファイルサーバ)を構築し、ディスク共有サーバーのOSに応じて、パッケージのインストールして連動します。

 

1. CentOSファイルサーバ - > CentOS Webサーバー連動

 

etyz2jj.png

 

CentOSサーバーのファイルを共有する場合、NFSデーモンを使用する必要があります。

 

 

2. CentOSファイルサーバ - > WindowsのWebサーバー連動

 

ddEqGFe.png

Windowsサーバーのファイルを共有する場合、SAMBAデーモンを使用する必要があります。

 

 

関連資料

新着投稿


  • 投稿がありません。

新着書込み


  • 書込みがありません。
アラート 0