ネットワーク

TCPとUDPとは?

投稿者情報

  • 運営局 投稿
  • 投稿日

コンテンツ情報

本文内容

TCPとは?
TCPはTrasmissionの略です。

 

データの送受信のためにIPを使用するプロトコルであり、TCP、UDPに比べt複雑でありますが、信頼性が高いため、ほとんどこのプロトコルを使用するわけです。
TCPはIPが処理できるようにデータを複数のパケットに分割し到着点では完全なデータになるようにパケットを再組み立てます。  
信頼性があるのは、パケットの紛失や重複、順序が変わることなどの問題を解決することです。

 

FWEMhlf.png


パケットで送信されたものを保証するために、TCPはACK(acknowledgment:パケットを受けたと応答していること)と呼ばれるものを使用してパケットを送信しても相手側で損失になって、データが完全でない場合受信点でACKを送信するまで再度データを送信します。
 

 

TCPの特徴

 

TCPは上位層が渡したデータをセグメントと言う単位で割り加工して下位層に渡します。

元IPで動作するように設計されています。

このセグメントに順序を与えて送信、受信し順序が前後入れ替えられることがないようしており、パケットが往復して順番が入れ替える場合でも復旧され、上位層が信頼できる接続方法を提供しています。

TCPのコネクション型方式を他の言葉で信頼性の高いストリームサービスと呼びます。

 

 

UDPとは?

 

UDPはUser Datagram Protocolの略です。

 

TCPとは異なるデータをパケットに分割し、反対側からの再組み立て過程を経ず到着点で正しく受信してもしなくても関係なくデータを送信するのみです。

   
また、目的地に到達するまで(Best-effort)エラーが出るかもしれない恐れもあるし再転送や順番の入れ替えに対する代替えはアプリケーションで処理させる必要があります。
でも 速度が速いです。別途接続も必要とせずACKメッセージを通して確認を受けたりすることがないため、TCPプロトコルよりは速い速度て転送することが出来、このような高速でUDPは、リアルタイム放送などで使用されます。データ処理が迅速かつ1枚,2枚のフレームが抜けても何とか補正が可能です。

 

 

UDPの特徴

 

 

UDPはTCPとは異なり非接続性を持ち、受信側が正常に到着可否の確認を保証しない 非信頼性サービス です。ユーザーデータをデータグラムに含めて送信されます。
 

 

TCPとUDPの比較

 

I5OhLv1.png

 

 

  TCP UDP
データ転送単位 セグメント ブロック形のダイアグラム
サービスの形態 連結型 非連結型
受信順番 送信順序と同じ 受信順と不一致
エラー制御・フロー制御 あり なし
転送速度 UDPに比べて遅い TCPに比べて高速

 

関連資料

ネットワーク

新着投稿


  • 投稿がありません。

新着書込み


  • 書込みがありません。
アラート 0