DATABASE
MySQL 分類

MariaDBの起動及び終了など基本操作

投稿者情報

  • 運営局 投稿
  • 投稿日

コンテンツ情報

本文内容

MariaDB(クライアントプログラム)の起動

mysql -u ユーザ名 -p

MariaDB(クライアントプログラム)の終了

quit   又は、
exit

データベース一覧の表示

SHOW DATABASES;

データベースの作成

CREATE DATABASE データベース名;

使用するデータベースの選択

USE データベース名

現在利用しているデータベースの確認

SELECT database();

データベースの削除

DROP DATABASE データベース名;

テーブルの基本操作

主なフィールドの型

データ型 説明
TYNYINT 1バイト整数型(-128 ~ 127)
SMALLINT 2バイト整数型(-32768 ~ 32767)
INT 4バイト整数型(-2147483648 ~ 2147483647))
BIGINT 8バイト整数型(-9223372036854775808 ~ 9223372036854775807)
FLOAT 単精度の浮動小数点型(3.402823466E+38 ~ 3.402823466E+38)
DOUBLE 倍精度の浮動小数点型(-1.7976931348623157E+308 ~ 1.7976931348623157E+308)
CHAR 固定長文字型(0~255文字)
VARCHAR 可変長文字型(0~65535バイト)
TEXT 可変長文字型(0~65535バイト)
DATE 日付型(YYYY-MM-DD)
DATETIME 日付時刻型(YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
TIMESTAMP 日付時刻型(YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
BLOB バイナリデータ

 

主なフィールドの属性

属性 説明
PRIMARY KEY(主キー) ユニーク値で値が必ず入るようにします。
AUTO_INCREMENT レコードを追加するごとに自動で昇順の連番が入ります。
NOT NULL 値を必ず入れる必要があります。
UNIQUE レコード内で同じ値を入れることはできません。
DEFAULT 値が入ってない場合、指定した値が入ります。
ON UPDATE データの更新が行われた時に指定した値が入ります。

論理演算子

論理演算子 説明
AND 条件を全て満たす
OR 条件のいずれかを満たす
NOT 条件を反転させる

 

比較演算子

比較演算子 説明
= 等しい
> ~より大きい
>= 以上
< ~より小さい
<= 以下
<> 等しくない
!= 等しくない
Between~And~ ~から~まで
IN(値1,値2,値3) いずれかの値を含む
IS NULL NULLである
IS NOT NULL NULLでない

テーブルの作成

最後の行の「,」は、エラーが発生するため付ける必要がありません。

CREATE TABLE テーブル名 (
  フィールド名1 フィールド型1 属性1,
  フィールド名2 フィールド型2 属性2,
  フィールド名X フィールド型X 属性X
);

 

テーブル一覧の表示


SHOW TABLES;

フィールドの詳細を表示


SHOW COLUMNS FROM テーブル名;

DESC テーブル名;

レコードの追加


INSERT INTO テーブル名
(フィールド名1, フィールド名2, フィールド名X) VALUES
(値1, 値2, 値X);

INSERT INTO テーブル名
SET フィールド名1=値1, フィールド名2=値2, フィールド名X=値X;

指定したフィールドのデータを取得


SELECT フィールド名1, フィールド名2, フィールド名X FROM テーブル名 WHERE 条件文;

全てのフィールドのデータを取得


SELECT * FROM テーブル名;

指定したデータの変更

「WHERE」を指定しないと、指定したフィールドの全ての値が更新されるので注意してください。


UPDATE テーブル名
SET フィールド名1=値1, フィールド名2=値2, フィールド名X=値X
WHERE 条件文;

既存のテーブルにフィールドを追加


ALTER TABLE テーブル名 ADD フィールド名 データ型 DEFAULT 値;

フィールドのデータ型を変更

種類が異なるデータ型(文字列型から整数型)でも変更可能な場合もあります。 エラーが発生する場合は、「IGNORE」を使用することで強制的にデータ型を変更することができます。


ALTER TABLE テーブル名 MODIFY フィールド名 データ型;

フィールドのデータ型を強制的に変更

新しいデータ型のフィールドに格納出来ない場合は、「Warning:」としてカウントされます。


ALTER IGNORE TABLE テーブル名 MODIFY フィールド名 データ型;

フィールド名とデータ型を変更

フィールド名だけを変更する場合は、「新しいデータ型」の部分で既存のデータ型を指定してください。


ALTER TABLE テーブル名 CHANGE 旧フィールド名 新しいフィールド名 新しいデータ型;

フィールドの削除


ALTER TABLE テーブル名 DROP フィールド名;

テーブル名の変更



ALTER TABLE 旧テーブル名 RENAME AS 新しいテーブル名;

指定したデータの削除

「WHERE」を指定しないと、テーブルのデータがすべて削除されるので注意してください。



DELETE FROM テーブル名
WHERE 条件文;

テーブルの削除



DROP TABLE テーブル名;

関連資料

新着投稿


  • 投稿がありません。

新着書込み


  • 書込みがありません。
アラート 0